マンションの部屋の鍵を紛失!とても困りました

数年前の冬、住んでいたマンションの部屋の鍵を無くしてしまいました。共有スペース入り口は、事情を話して一緒に住民の方と入ることが出来たのですが、肝心の自分の部屋の鍵がなく、途方に暮れてしまいました。雪の降る地方に住んでいたため、雪でマンション周辺の道を探しても鍵は見つからず。日頃から落とすことや、紛失に備えて鈴をつけていたのですが、雪が柔らかく音がしなかったようです。とにかく部屋の前で待機していても仕方ないので、携帯電話で104を使用し、鍵のトラブルに対応してくれる業者に連絡をしました。数十分後、鍵開けの業者が来てくれたのですが、これが手間取っていて全く開く気配がないのです。ずっと「おかしいな」とか「あれ?」と焦っているばかりで、扉自体はピクリともしません。管理人の方に相談したかったのですが、すでに管理人室に人はおらず、帰宅したままになっていました。どうしても入れない場合は、管理組合の緊急連絡先などに連絡するしかないと思っていたところ、鍵のトラブルの業者の方から提案が。「扉の覗き穴がレンズで作られているので、そこを壊して長い棒状のものを指し込み、開錠する」というのですが、それは部屋の玄関の扉を破壊することになるな!と思いました。しかしどうしても入れないなら仕方ないのか?と困っていたところ、娘が帰宅。幸い娘は鍵を持っており、無事に扉を開けることが出来ました。あのまま誰も来なかったら、私は確実に扉をおかしくしていたと思います。そして「鍵のトラブルの業者さんといえども、絶対に開けられるものではないのだ」と理解しました。あれからは鍵を無くしていません。あのとき覗き穴のレンズを壊さなくて本当に良かったです。

よくよく考えたら大事になっていたかも

彼女と同棲(今は妻)していたころの話ですが、鍵が二人で1つしか持っていなく、合いカギは何故か彼女の妹が持っていました。
いつもは家を遅くに出る方が、戸締りをして鍵はダイヤルロック式の郵便ポストに入れていっていたのですが、
ある日彼女が遅く家を出たのですが、そのまま鍵を職場へ持って行ってしまい、そんな日に限って出張であり、私は家に入れない状況でした。
すぐさま妹に連絡をしてくれて、鍵を開けに来てくれたのですが、妹はお昼しか都合がつかないとのことで、お昼に私たちの家の鍵だけを開けにきて
そのまま帰りました。鍵を郵便ポストに置いて行ってくれたらいいのに、彼女の妹はなぜか持って帰ってしまい。私が帰宅するまでの8時間ぐらいは
家が空きっぱなしの状況でした。結構人通りも多い場所で泥棒を心配しましたが、帰宅してみると幸い何事もなく、ほっと胸をおろしました。
今思えば家をあけたままというのは非常に恐ろしくて、もしかしたら大惨事になっていたかもしれません。
そこからはすぐに鍵を二つ作り、お互い持つようにしました。冷静に考えたら彼女の妹に鍵を郵便ポストに入れておいてもらうだけでよかったのに
全員ものすごくテンパっていて、鍵をあけにくるというよくわからないことをしたと思っています。
今では結婚して笑い話ですが、あそこで泥棒や暴漢にあっていたら今は結婚までたどりついてないかもしれません。
鍵は家を守る一番の手段ですので、用心しようと思いました。

車のスペアキー

もうずっと前の話ですが、付き合い始めの彼が彼女に
「持ってて」と車のスペアキーを渡す意味ってなんでしょう。

【初めてのデートでスペアキーって】

友人の紹介で知り合いました。最初のデートに遊園地に行くことになって、
車で途中まで迎えに来てもらいました。
すると、「持ってて」と車のスペアキーを渡されました。
意味がよくわからなくて、戸惑いましたが、
「失くした時に困るから」と言っていました。

遊園地は楽しかったのですが、
お互いの距離を縮めることができませんでした。
私もどこからどう、話をしたらいいのかわからず、
わざと怒らせるようなことを言った覚えがあります。
家まで送ってもらいました。

彼が帰って少ししてから、バックの中から車のスペアキーが出てきました。
追いかけても間に合わない。
家に着いた頃に電話して、どうしたらいいか聞こうと思いました。

【なぜあのタイミング?】

携帯電話もない時代だったので、電話がうまくつながらず、
折り返しの電話も来ない状態になりました。

なんとなく、ダメかなと思い始めた頃、
ようやく電話がかかってきて、
よくわからない理由で「付き合えない」と言われました。

そりゃそうだね。デートでちっともお互いのことがわからなかったし。
少しずつ相手のことがわかっていくものだろうけど、
お互い何もわからなかったから。

好きな音楽とか、普段の生活とか、旅行したいところとか、身長とか、手の大きさとか。
何もわからなかった。
鍵のことを言い出せずに電話が切れました。

【まとめ】

彼女に車のスペアキーを渡すって彼にはなにか意味があったのかもしれませんが、
タイミングを考えるべきでした。

何度かデートして、付き合えるなって確信してからでも遅くなかったでしょう。
免許も持っていない私が車のスペアキーを持っている意味はないので、
新しく彼が出来た時に、処分しました。

マンションの開錠と鍵作成

私はマンションに住んでいるのですが、家の鍵を紛失して困った事がありました。普通だとサブの鍵も持っているのですが、たまたま親戚が遊びに来ており、サブの鍵を渡しており、しかも親戚は出かけていたので、すぐにサブの鍵を使うことも出来ませんでしたので、鍵屋さんに来てもらう事にしました。
私の住んでいるのは賃貸のマンションで、万が一鍵を壊して再度付け直すとなると、大家さんに了解を得ることが必要でした。それに鍵を壊して付け直すとなるとかなりの費用が必要になる事を知っていたので、鍵屋さんに鍵を壊さず、鍵穴から新しい鍵を作って欲しいとお願いしました。そうしたら嫌な顔一つせず、鍵穴から新しい鍵を作成してくれました。来てくれたスタッフは比較的強面の中年男性でしたが、私が近くのコンビニで購入したコーヒーを手渡すと、「ありがとうございます。」とお礼を言った後、子供のように無邪気に飲んでくれて、最初は私も緊張していたのですが、なんだかホッとした気持ちになりました。
作業開始後約1時間で鍵があき、新しい鍵も作成してもらう事が出来ました。すぐに利用する事ができ、本当に助かりました。
費用ですが、全て含めて一万円かかりませんでした。鍵の作成と鍵の開錠の同時作業だと最低2万円はすると考えていたので、私としてはビックリしたのをよく覚えています。万が一またこのようなトラブルに巻き込まれたから、同じ鍵屋さんに依頼しようと考えています。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !