鍵のトラブル

私は過去に鍵のトラブルでとても困ったことがあります。うちの子供が小さい頃、上の子供が保育園に行っている時に2階のベランダに洗濯物を干しに出た時のことです。下の子供が1歳になったばかりだったのですが、ベランダに閉め出されてしまいました。噂にはよく聞いていたのですが、まさか自分がそんな目に合うなんて思っていなかったのですごく焦りました。1歳の子供は後追いがすごかったので洗濯物を干す時もついてきてしまうため、ベランダに出る時は好きなテレビを見せて私だけ出るようにしていました。その日も好きなテレビを見せておいたら大人しくしていてくれたので早く済ませてしまおうと思い急いで洗濯物を干していました。無我夢中になっていたので子供が鍵のところを触っていることも気がつかなかったのです。干し終えて中に入ろうと思いドアに手をかけたところドアが開かないことに気づきようやく閉め出されてしまったことを認識しました。子供は何食わぬ顔でニコニコしながら私の方を見つめているのですが私は必死でした。ジェスチャーで鍵のところを指差して開けてという仕草をしたのですが、1歳児には到底わかるはずもなくどうしたらいいのか必死に考えました。このままだと上の子のお迎えも行けないしよりによってスマホを置いてきてしまったので、せめてスマホを持ち出していればよかったと後悔しました。30分ぐらい格闘した時に奇跡的に子供が鍵を開けてくれました。もう嬉しくて涙が止まりませんでした。30分ぐらいで済んで本当によかったです。その後どんな時もスマホを持ち歩くようにしています。

鍵穴に異物

マンションで暮らしていた時に、いろいろないたずらをされることがありました。その一つとして最も困ったのは、鍵のトラブルです。それは鍵穴に何かを入れられていることにより、鍵を入れることができないのです。針金のようなものを入れられていることがわかり、色々と試してみたのですがやっぱり入りません。そこで困りはてていました。
そんな時、となりの人が鍵のトラブル時に業者を呼んで助けてもらったということを話してくれて、私も呼ぶことにしました。こんな時間に来てくれるのかなとちょっと心配でしたが、きちんと対応してくれるんですね。夜でも対応してくれることがわかりほっとしました。
そして早速、あるところに電話をしてみることにしたのです。少しビクビクしながら電話をすると、とても感じの良いオペレーターの人が対応してくれてほっとした事です。心細くなっていたところ、落ち着いた印象でタイ甥をしてくれたので信頼をすることができました。
その後は、そんなに待つことなく業者の人が駆けつけてくれて鍵にハマっているモノを取り出してくれました。その様子を見ていると、さすがにプロの仕事ですね。どんなにしてもそれを取り出すことができなかったのに、あっさり取り出してもらうことができて助かりました。
鍵のことについては、本当にその中に入ることができないので困ります。自分でなんとかしようとして、ますます悪い状態になると心配です。そのときはやっぱりプロおおまかせが一番です。

鍵が壊れた

私が困ったのは、玄関も鍵を使おうとした時にその鍵が壊れてしまった事です。その時、後悔をしたことがありました。それはなんといっても、その玄関の鍵はなんとなくおかしな感じになっていたからです。欲しく折れそうと思いながら使い続けているところがありました。しかし頑丈そうだし、壊れることはないだろうと思って使っていたのです。しかしやっぱりものというのは、壊れてしまうんですね。少し曲がったような感じになりそこから鍵穴に入らなくなりました。
夜だしどうしたらいいんだろうと困ったのです。まずいろいろなところで鍵をしていないところがないか見てみることにしました。しかしどこもそんなところはありません。このままだと冬なので凍えてしまう、風邪をひいてしまうと本当に困り果てていたのです。
そんな時、友人が言っていたことを思い出しました。そのことを思い出して本当に良かったと思っています。それは鍵の救急車のような業者です。そこに連絡をすると、すぐに対処してくれるということを思い出したのです。しかし一つ不安がありました。それは夜だったのです。夜の7時だったので、こんな時に修理をしてくれるのだろうかと不安になりました。
しかしそれしか思い当たることがなかったので、電話をしてみることにしました。すると、ありがたいことに、直ぐに修理をしてくれるとの事。その後は、駆けつけてくれてものの5分ぐらいで開けてもらうことができました。本当に助かりました。

合鍵から合鍵を作ると大変な目に!

合鍵を増やす為に、合鍵屋さんに行き、「この鍵をもう一つ作ってください」とお願いしました。そこでお店の受付スタッフの方から聞かれたのは「合鍵は作る事はできますが、このお預かりする鍵自体が合鍵ではありませんか?」要するに、合鍵屋さんは本鍵を持ってきてほしいのです。合鍵から合鍵を作ると、わずかな誤差がどうしても生まれやすく鍵を作っても、実際に鍵が開かないという事が稀にあるらしいのです。しかし、私も持っていたのは合鍵だけで、本鍵はどこにあるのかも分からない状態でした。自宅はすぐそこなのですがわざわざ自宅に帰って、どこにあるのか分からない本鍵を探すよりはもうこのまま合鍵から合鍵を作った方が早いだろうと思い、そのまま合鍵作りをお願いする事にしました。あっという間に合鍵は完成しました。「もし、これで鍵が開かない場合は教えてください」と、お店のスタッフさんに言われお店を後にしました。そして、家に帰って早速できたてホヤホヤの合鍵を使って鍵を開けようと思ったのですが、まさかの出来事が起こりました。そうです、鍵が開かないのです。まさに店員さんから説明を受けた通りの状況です。幸い、自宅とそのお店は近かったのでまた私はその合鍵屋さんに戻り、今起こった事を説明しました。店員さんはもう一度私の合鍵を預かるととても細かい作業をし、「これでおそらく鍵が開く思います」と言い、私に先程の合鍵を渡してくれました。さっき開かなかった合鍵、今度は上手くいきますように!願いを込めながら鍵を回すと、成功しました!合鍵から合鍵を作るという事がこんな事になるなんて思っていませんでした。こんな事にならないように本鍵は無くしてはいけないし、合鍵を作る時は本鍵から作ろうと心に誓いました。

鍵穴についての知識の乏しさが招いた手痛い出費

私が引き起こしてしまった鍵のトラブルは、玄関の鍵です。新しい家に引っ越して10年近くたった頃、鍵穴に鍵を差し込んでもスムーズに回らないことが増えてきました。
その日も、出かける際に玄関の鍵を閉めようと思いましたが、固くてなかなか鍵が回りません。
困った私は「金属の滑りが悪い時には、潤滑剤を使うといい」という中途半端な知識をもとに、テレビのコマーシャルなどでも有名な潤滑剤を鍵穴に噴射してみたところ、途端に鍵の回りが良くなりました。「もっと早くこうしていればよかった」とうれしくなった私は、そのまま買い物に出かけました。
そして帰宅後、鍵を回そうとしましたが、再び回りにくくなっています。
どうしてだろうと思い、インターネットで調べてみた私は、「鍵穴に潤滑剤を使うのは、絶対にダメ!」という記事を見つけます。自転車のチェーンや金属のさび落としには大活躍の潤滑剤ですが、鍵穴に使ってしまうと、中で油とホコリが混ざって粘度が高くなり、余計鍵が回りにくくなってしまうのだそうです。
焦った私は改善策を検索しましたが、一度潤滑剤を使ってしまった場合、鍵を分解、洗浄しなければならず、素人の手には負えないということが分かりました。
それでも一度は「自分で分解してみようか」とも思いましたが、相手は玄関の鍵。取り返しのつかないことになってしまえば、家の防犯問題にも関わります。
「ここはプロの手に頼るしかない」と諦めた私は、すぐに来てくれる鍵の修理業者に連絡することにしました。
家で待つこと30分。修理業者はすぐに来てくれ、慣れた手つきで鍵穴を分解し、洗浄してくれます。
作業をしながら話を聞くと、鍵穴が固くなって潤滑剤を使い、かえって状況を悪化させてしまう人は結構多いとのことでした。
かかった費用は6000円。痛い勉強代でしたが、安心して玄関の鍵を使えるようになり、ホッと胸をなでおろすことができた出来事でした。

マンションの部屋の鍵を紛失!とても困りました

数年前の冬、住んでいたマンションの部屋の鍵を無くしてしまいました。共有スペース入り口は、事情を話して一緒に住民の方と入ることが出来たのですが、肝心の自分の部屋の鍵がなく、途方に暮れてしまいました。雪の降る地方に住んでいたため、雪でマンション周辺の道を探しても鍵は見つからず。日頃から落とすことや、紛失に備えて鈴をつけていたのですが、雪が柔らかく音がしなかったようです。とにかく部屋の前で待機していても仕方ないので、携帯電話で104を使用し、鍵のトラブルに対応してくれる業者に連絡をしました。数十分後、鍵開けの業者が来てくれたのですが、これが手間取っていて全く開く気配がないのです。ずっと「おかしいな」とか「あれ?」と焦っているばかりで、扉自体はピクリともしません。管理人の方に相談したかったのですが、すでに管理人室に人はおらず、帰宅したままになっていました。どうしても入れない場合は、管理組合の緊急連絡先などに連絡するしかないと思っていたところ、鍵のトラブルの業者の方から提案が。「扉の覗き穴がレンズで作られているので、そこを壊して長い棒状のものを指し込み、開錠する」というのですが、それは部屋の玄関の扉を破壊することになるな!と思いました。しかしどうしても入れないなら仕方ないのか?と困っていたところ、娘が帰宅。幸い娘は鍵を持っており、無事に扉を開けることが出来ました。あのまま誰も来なかったら、私は確実に扉をおかしくしていたと思います。そして「鍵のトラブルの業者さんといえども、絶対に開けられるものではないのだ」と理解しました。あれからは鍵を無くしていません。あのとき覗き穴のレンズを壊さなくて本当に良かったです。

よくよく考えたら大事になっていたかも

彼女と同棲(今は妻)していたころの話ですが、鍵が二人で1つしか持っていなく、合いカギは何故か彼女の妹が持っていました。
いつもは家を遅くに出る方が、戸締りをして鍵はダイヤルロック式の郵便ポストに入れていっていたのですが、
ある日彼女が遅く家を出たのですが、そのまま鍵を職場へ持って行ってしまい、そんな日に限って出張であり、私は家に入れない状況でした。
すぐさま妹に連絡をしてくれて、鍵を開けに来てくれたのですが、妹はお昼しか都合がつかないとのことで、お昼に私たちの家の鍵だけを開けにきて
そのまま帰りました。鍵を郵便ポストに置いて行ってくれたらいいのに、彼女の妹はなぜか持って帰ってしまい。私が帰宅するまでの8時間ぐらいは
家が空きっぱなしの状況でした。結構人通りも多い場所で泥棒を心配しましたが、帰宅してみると幸い何事もなく、ほっと胸をおろしました。
今思えば家をあけたままというのは非常に恐ろしくて、もしかしたら大惨事になっていたかもしれません。
そこからはすぐに鍵を二つ作り、お互い持つようにしました。冷静に考えたら彼女の妹に鍵を郵便ポストに入れておいてもらうだけでよかったのに
全員ものすごくテンパっていて、鍵をあけにくるというよくわからないことをしたと思っています。
今では結婚して笑い話ですが、あそこで泥棒や暴漢にあっていたら今は結婚までたどりついてないかもしれません。
鍵は家を守る一番の手段ですので、用心しようと思いました。

車のスペアキー

もうずっと前の話ですが、付き合い始めの彼が彼女に
「持ってて」と車のスペアキーを渡す意味ってなんでしょう。

【初めてのデートでスペアキーって】

友人の紹介で知り合いました。最初のデートに遊園地に行くことになって、
車で途中まで迎えに来てもらいました。
すると、「持ってて」と車のスペアキーを渡されました。
意味がよくわからなくて、戸惑いましたが、
「失くした時に困るから」と言っていました。

遊園地は楽しかったのですが、
お互いの距離を縮めることができませんでした。
私もどこからどう、話をしたらいいのかわからず、
わざと怒らせるようなことを言った覚えがあります。
家まで送ってもらいました。

彼が帰って少ししてから、バックの中から車のスペアキーが出てきました。
追いかけても間に合わない。
家に着いた頃に電話して、どうしたらいいか聞こうと思いました。

【なぜあのタイミング?】

携帯電話もない時代だったので、電話がうまくつながらず、
折り返しの電話も来ない状態になりました。

なんとなく、ダメかなと思い始めた頃、
ようやく電話がかかってきて、
よくわからない理由で「付き合えない」と言われました。

そりゃそうだね。デートでちっともお互いのことがわからなかったし。
少しずつ相手のことがわかっていくものだろうけど、
お互い何もわからなかったから。

好きな音楽とか、普段の生活とか、旅行したいところとか、身長とか、手の大きさとか。
何もわからなかった。
鍵のことを言い出せずに電話が切れました。

【まとめ】

彼女に車のスペアキーを渡すって彼にはなにか意味があったのかもしれませんが、
タイミングを考えるべきでした。

何度かデートして、付き合えるなって確信してからでも遅くなかったでしょう。
免許も持っていない私が車のスペアキーを持っている意味はないので、
新しく彼が出来た時に、処分しました。

マンションの開錠と鍵作成

私はマンションに住んでいるのですが、家の鍵を紛失して困った事がありました。普通だとサブの鍵も持っているのですが、たまたま親戚が遊びに来ており、サブの鍵を渡しており、しかも親戚は出かけていたので、すぐにサブの鍵を使うことも出来ませんでしたので、鍵屋さんに来てもらう事にしました。
私の住んでいるのは賃貸のマンションで、万が一鍵を壊して再度付け直すとなると、大家さんに了解を得ることが必要でした。それに鍵を壊して付け直すとなるとかなりの費用が必要になる事を知っていたので、鍵屋さんに鍵を壊さず、鍵穴から新しい鍵を作って欲しいとお願いしました。そうしたら嫌な顔一つせず、鍵穴から新しい鍵を作成してくれました。来てくれたスタッフは比較的強面の中年男性でしたが、私が近くのコンビニで購入したコーヒーを手渡すと、「ありがとうございます。」とお礼を言った後、子供のように無邪気に飲んでくれて、最初は私も緊張していたのですが、なんだかホッとした気持ちになりました。
作業開始後約1時間で鍵があき、新しい鍵も作成してもらう事が出来ました。すぐに利用する事ができ、本当に助かりました。
費用ですが、全て含めて一万円かかりませんでした。鍵の作成と鍵の開錠の同時作業だと最低2万円はすると考えていたので、私としてはビックリしたのをよく覚えています。万が一またこのようなトラブルに巻き込まれたから、同じ鍵屋さんに依頼しようと考えています。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !