家の鍵を破損してしまい交換してもらった話

築15年の自宅に住んでいるのですが、ある日鍵を開けて家に入ろうとした時に「パキッ」と鍵が破損してしまいました。
まさか鍵が破損してしまうとは思っていなかったのですが、よく見てみると破損した鍵が鍵穴にフィットした状態で取り出せない事態になってしまいました。
困ったことになってしまいましたがスペアキーも持っていませんし、このままでは家に入れなくなるどころか、鍵穴が使用できない事態になるのではないかと考えました。
そこでスマホで家を購入した不動産屋へ連絡してみると鍵屋の方へ依頼して欲しいとのことで、鍵屋の連絡先を教えてもらい来てもらう事になりました。
色々と現状を見てもらったのですが、ここまで鍵穴と破損した鍵がフィットしているのは初めてらしく「なかなか見れないものです」と感心されました。
まずは鍵穴から破損した鍵を取り出して、その破損した鍵を元にスペアキーを作成してみるとのことでした。
なかなかの大作業だなと思いましたが、想像以上に鍵穴がピッタリとハマっているらしく鍵自体を交換した方が速いかもしれませんよと言われました。
料金的にはそれほど変わらないようなので、早く自宅に入りたいという思いもあり鍵自体を交換してもらう事にしました。
あっという間に作業は終わり新しいキーをいただいたのですが、鍵屋に係ればこれほど簡単に解錠出来るのかと感心していました。
思わぬ形での鍵交換でしたが、きちんと不動産屋や鍵屋に連絡することで万が一でも焦ること無く対応できるので、専門業者に連絡するのが一番手っ取り早いと学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です